業務実績一例

交渉|解雇・パワハラトラブル交渉アシスト

何度注意してもパワハラを続ける社員にたいして解雇勧告をしたところ労基、警察、ネット掲示板等で不当解雇を主張。
総務に対応できる人材がいないとのことで経営者様からご依頼を頂き話し合いに同席・アドバイス。
その後該当社員と個別に話し合い、主張を傾聴しつつ一定の理解を示し
ロジカルに話し合いができる心理状態になったところで勧告でありまだ解雇した訳ではない。
話し合いはをすべきで場外乱闘しても良いことはない。
不当解雇を声高らかに主張しても、発生してしまったパワハラ問題が無くなる訳でないことを諭す。
粘り強い話し合いと交渉のすえパワハラ問題含め該当問題について双方合意し和解となりました。

※当事例は特定をさけるため本筋以外の内容を変更しております。
※当方に出来ることは双方のお気持ちに耳を傾け、感情的な暴発リスクを下げ、ロジカルに処理する提案と下準備までとなります。
※合意文章まで必要な場合は信頼できる弁護士様を通して行います。
※守秘義務契約を結び秘密厳守いたします。

PAGE TOP